神津内科クリニック 世田谷区若林 内科 神経内科 在宅医療 基本健診 予防接種 生活習慣病予防 物忘れ外来 花粉治療
  
内科・神経内科・在宅診療
基本健診・予防接種・生活習慣病予防

東京都世田谷区若林1-18-10 みかみビル2F
TEL:03-5481-4114
FAX:03-5481-4112


TOP>>睡眠時無呼吸症候群



「睡眠時無呼吸症候群」


「睡眠時無呼吸症」の状態が長く続くと、
十分に眠れないことが原因となってさまざまな症状が現れるようになります。
次のような症状に心当たりはありませんか?
   眠っているとき
      大きないびきをかく
      息が急に止まったままになる
      呼吸が乱れる
      息が苦しくて、ハッと目が覚める
      なんども目を覚まし、トイレに行く
   日中、起きている時
      すぐうとうと居眠りをしてしまう。
      記憶力や集中力が低下する
      体を動かすときに息切れする
上の項目は、いずれも「睡眠時無呼吸症」でよく見られる症状です。
ひとつでも心当たりがある場合は、
当クリニックの睡眠時無呼吸外来を受診してはどうでしょう。

睡眠時無呼吸症はなぜ怖い?

睡眠中に無呼吸や低呼吸を繰り返すと、体に酸素が十分行きわたらなくなりま
す。
そうすると、体中の臓器が酸素不足で調子を崩してしまうのです。その結果、
   高血圧症、動脈硬化症
   脳梗塞、脳出血
   糖尿病
など、重大な病気が発生してしまいます。
  実際、右図のような倍率がいわれています。
日中にうとうとと居眠りをしてしまうと、その結果、
   交通事故
   仕事の効率低下、質の低下
など、社会生活をする上でもマイナスが多くなります。

「夜中に何度も目が覚める...」
「大きなイビキをかく...」
「日中いつも眠い...」



SASnetより

糖尿病 ・・・1.5倍
高血圧 ・・・2倍
虚血性心疾患 ・・・3倍
脳血管疾患 ・・・4倍

Copyright © 2017 神津内科クリニック All Rights Reserved.